競馬情報 口コミ ブログ

2009年10月15日

競馬の予想屋とは

競馬とは公開されている情報を分析し、レース展開を予想するという楽しみがありますが、競馬初心者や分析が苦手だという人にとっては、何がしかアドバイスがほしいものです。

競馬場には昔から予想屋と呼ばれている人達がいて、お金は取られますが、アドバイスと言うか予想を教えてくれます。

「予想屋」はレースの予想を商売にしている人達のことで、競馬場の決められた場所で、自分の予想を演説して人を集めます。

集めたところで、最終的な予想は演説せずに料金を支払ってくれる人にだけ予想を教えるという仕組みになっています。

予想屋の料金相場は、一回百円程度になっています。

一見、「予想屋」という商売は、非合法な商売に思えますが、実は、合法でもあり、非合法でもあります。

と言うのも競馬場によって違うからです。

競輪やオートレースには、認可されている予想屋がいて、もちろん、認可されているので合法と言えます。

しかし、競馬の場合は、中央競馬か地方競馬かによって合法か非合法かに分かれます。

中央競馬では予想屋は認可されていないのに対して、地方競馬では全部ではないですが、認可されている予想屋がいます。

地方競馬のホームページには、認可している予想屋さんを紹介したりもしています。

なので、中央競馬主催の競馬場で予想屋を装い、演説している者がいたとすると、それは非合法な行為になりますので耳を貸すのは要注意です。

「コーチ屋詐欺」と呼ばれる悪徳詐欺である可能性もあります。

最近の予想屋さんは、インターネットで商売している人が増えています。

たくさんの予想屋がネット上にはいるみたいで、予想屋のサイトを集めてランキングをつけているサイトがあるくらいです。

中でも、無料メルマガを発行し、情報を提供してくれる予想屋がネット上では人気があるようです。

ちなみに、このインターネット上の予想屋は非合法には当たりません。

なぜかと言うと、新聞や雑誌などと同じで、有料であることを合意の上で情報を提供してもらうからです。

この場合、情報サービスの提供に対して料金を支払うという考え方にるから、合法ということになるそうです。

ネットを使ったこのやり方だと、競馬の予想に詳しくなれば競馬場の認可を取らなくても予想屋を始めることができそうですね。


タグ:予想屋 競馬
posted by kei at 18:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月02日

競馬 レースの種類の違いとは

競馬を始めたばかりの人なんかは、競馬のレースにも種類があることを知らないということが、けっこうあると思います。

レースの種類にもよって予想も変わってきますので、そこが競馬の深いところであり、また、たくさんあるレースの種類はの中から、自分の好みやレース場と馬、騎手の相性なんかを選ぶところからが競馬の楽しみの一つです。

まず、レースは、クラス分けがされていますが、クラス分けがされる基準になるのは、馬の齢や取得賞金額となります。

テレビでよく中継されるのはレースでも上の方のクラスで、「重賞レース」と呼ばれるものです。

重賞レースに出場している馬はテレビ中継されているので、よく目にすることがありますが、新馬・未勝利馬出場レースからの勝ち抜き戦で勝ち抜いてきた、よい成績をおさめた馬たちで、それこそ選ばれた馬たちになります。

よく耳にする「G1」は、重賞レースの中でも一番のレースということになります。グレードレースの一番上という意味です。

また、競馬のレースはコース、条件、距離なんかによってレースが分けられます。

コースには、天候に左右されやすくて、状態が悪いとレースのタイムに影響が出てしう「芝」と、天候がよい場合の芝とくらべると馬のパワーが必要になりますが、実は芝に比べて馬の脚への負担は少ない「ダート」があります。

どちらも一長一短はあります。


条件については、その馬の実績などを考慮した「ハンデ戦」や年齢や性別などで出走馬を限定する「限定戦」などのレースがあります。


距離の種類は、1000mの短距離から、3600mの長距離まで五つに分けられています。

有名なレースをあげると、
・短距離⇒高松宮記念
・マイル⇒安田記念、NHKマイルカップ
・中距離⇒皐月賞、天皇賞(秋)
・中長距離⇒日本ダービー、有馬記念
・長距離⇒菊花賞

が上げられますが、ちなみに、天皇賞は春と秋の2回あり、春の天皇賞は長距離レースです。

ミーハーかも知れませんが、個人的にも競馬は「G1」はハズせませんね。
posted by kei at 09:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬の始め方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月28日

競馬 馬券のノミ行為とは

競馬は公営ギャンブルなのでそれ自体は違法でもなんでもありませんが、昔も今も競馬を使って違法な行為にはしる者達がいるのは、残念です。

そんな違法行為の中に“ノミ行為”と言うものがあります。

たまにテレビのニュースで流れたり週刊誌に書かれたりすることがあるので、“ノミ行為”という言葉自体は知っている人は多いと思います。

何故、“ノミ”と言うのかと言うと、ノミ行為を行っている者が、集めたお金を配当金を支払わずにどこかにいなくなってしまう可能性も高いから・・・

購入者のお金を呑んでしまうということで、「ノミ」というのが言葉の由来になったと言われています。
競馬での「ノミ行為」は、ノミ屋によって色々なやり方があります。

ただ、どのノミ屋でも違法であることは同じです。

違法とわかっていても、ノミ屋を利用して競馬をする人が後を絶たないのは、ノミ屋を使って馬券を購入すると、購入するお金を後払いにできたり、配当金が高く貰えたり、ハズレても購入金の一部を返金してまらえる等のサービスを行っているノミ屋があり、それなりにメリットがあるからです。

しかし、ノミ屋を利用して馬券を購入するのは、もちろんいいことばかりではありません。

結局、違法行為なのですから、当然、見つかった場合は罰則があります。

ノミ行為を行った場合の罰則は、五年以下の懲役、もしくは500万円以下の罰金とされており、ノミ屋を利用しただけでも100万円以下の罰金を科せられます。

また、“ノミ”という言葉の由来どうり、ノミ屋自体が、配当金を払わずにいなくなってしまう可能性も高いのです。

たとえ持ち逃げされた場合でも、違法行為なので、購入した方も罰せられるので、被害届も出せずに泣き寝入りするしかないです。

ちなみに、頼まれて馬券を買うこと自体が禁止されているのではなく、それを商売にして、私設馬券場のような行為をすることが禁止されているということです。

ノミ行為で得られる利益は暴力団に流れ、資金源になっていることもあり、ノミ行為が禁止されている理由としてはこのことが大きいでしょう。

過去には、ノミ屋の縄張り争いがあり、暴力団の抗争で死者をだした事件もあります。

ノミ行為などには加担せず、ルールに則って競馬を愉しむのが一番です。

違法なこと警察や主催者側も目を光らせていますので、一時的に良い思いをしていても、必ずしっぺ返しがあるものです。
posted by kei at 17:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。