競馬予想情報を扱うコーチ屋とは 競馬情報 口コミ ブログ

2009年09月16日

競馬予想情報を扱うコーチ屋とは

競馬は情報を基にして予想ができるギャンブルですが、競馬を始めて間もないのでどう予想していいのか分からなかったり、自分の予想に自信が無かったりすると、つい当たっている人の予想情報を知りたくなったり、その通りに馬券を買ったりしたくなります。

インターネットでも無料、有料問わずそんな競馬予想のサイトはたくさんありますが、もっとアナログな、昔から競馬情報を扱ってる商売があります。

その一つがコーチ屋です。

コーチ屋とは、簡単に言うと非合法な予想屋のことを言います。

自分が予想をした情報を伝え、その予想情報通りに馬券を購入した人が当たった場合に「コーチ料」という名目で予想情報の報酬を求めてくる人を言います。

競馬場にはそんなコーチ屋が声をかけてきて、自分が馬券を買いに行くと言って馬券代を預かって、そのままどこかにいなくなるという詐欺行為を行う者もいます。

「自分は競馬暦が長く、独自の予想が当って儲かっているんだけど、情報を知りたくない?」という感じで声をかけられたら要注意です。それはコーチ屋の可能性が高いと思われます。

特に最近はコーチ屋も手が込んできて、数人がグループになって仕掛けてくることがあります。

例えば、そのコーチ屋の予想情報で買った馬券で儲かったなど話しかけてくるサクラ役、馬主や調教師など、競馬関係者に知り合いがいて、出走馬に関する良い情報が入って来るから大丈夫などと話す誘い役、半ば強引に予想を押しつけてコーチ代金を請求する貸付役。

そんな感じで、役割分担しコーチ屋の手口もオレオレ詐欺ではありませんが、年々巧妙になってきています。

競馬場近くの路上でティッシュやチラシを配布するように見せて無理やり競馬の予想情報を押し付け、その代金を請求してくる強引なことをするコーチ屋もいます。

コーチ屋の詐欺行為に引っ掛からないようにするためには、競馬場近辺で知らない人が話しかけて来ても相手にしないことです。

競馬場近くで配布物もむやみに受け取らないほうが無難です。

競馬において元金保証や確実な情報というのはありえませんから、うまい話には注意して、コーチ屋に引っ掛けられそうになったら、警察や競馬主催者側へ相談に行きましょう。

今ではネットや電話でも馬券は買えるので競馬場に行かなくても競馬は楽しめます。が、やはり競馬場でナマで見るレースは違いますから、そういう訳にも行きませんね。
posted by kei at 09:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/128154232
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。