競馬 馬券のノミ行為とは 競馬情報 口コミ ブログ

2009年09月28日

競馬 馬券のノミ行為とは

競馬は公営ギャンブルなのでそれ自体は違法でもなんでもありませんが、昔も今も競馬を使って違法な行為にはしる者達がいるのは、残念です。

そんな違法行為の中に“ノミ行為”と言うものがあります。

たまにテレビのニュースで流れたり週刊誌に書かれたりすることがあるので、“ノミ行為”という言葉自体は知っている人は多いと思います。

何故、“ノミ”と言うのかと言うと、ノミ行為を行っている者が、集めたお金を配当金を支払わずにどこかにいなくなってしまう可能性も高いから・・・

購入者のお金を呑んでしまうということで、「ノミ」というのが言葉の由来になったと言われています。
競馬での「ノミ行為」は、ノミ屋によって色々なやり方があります。

ただ、どのノミ屋でも違法であることは同じです。

違法とわかっていても、ノミ屋を利用して競馬をする人が後を絶たないのは、ノミ屋を使って馬券を購入すると、購入するお金を後払いにできたり、配当金が高く貰えたり、ハズレても購入金の一部を返金してまらえる等のサービスを行っているノミ屋があり、それなりにメリットがあるからです。

しかし、ノミ屋を利用して馬券を購入するのは、もちろんいいことばかりではありません。

結局、違法行為なのですから、当然、見つかった場合は罰則があります。

ノミ行為を行った場合の罰則は、五年以下の懲役、もしくは500万円以下の罰金とされており、ノミ屋を利用しただけでも100万円以下の罰金を科せられます。

また、“ノミ”という言葉の由来どうり、ノミ屋自体が、配当金を払わずにいなくなってしまう可能性も高いのです。

たとえ持ち逃げされた場合でも、違法行為なので、購入した方も罰せられるので、被害届も出せずに泣き寝入りするしかないです。

ちなみに、頼まれて馬券を買うこと自体が禁止されているのではなく、それを商売にして、私設馬券場のような行為をすることが禁止されているということです。

ノミ行為で得られる利益は暴力団に流れ、資金源になっていることもあり、ノミ行為が禁止されている理由としてはこのことが大きいでしょう。

過去には、ノミ屋の縄張り争いがあり、暴力団の抗争で死者をだした事件もあります。

ノミ行為などには加担せず、ルールに則って競馬を愉しむのが一番です。

違法なこと警察や主催者側も目を光らせていますので、一時的に良い思いをしていても、必ずしっぺ返しがあるものです。
posted by kei at 17:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/129050098
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。